サイハイラン

d0008257_531775.jpg


d0008257_5312811.jpg


d0008257_5315033.jpg

サイハイラン  ラン科  サイハイラン属

目立たない花だ 確かこの辺りにあったはずだけど・・・
なんて、場所を知ってても探したりすることもある

この前、田舎の日曜朝市でこのサイハイランを鉢植えの状態で売っていた
鉢植えの状態でなく茂った庭木の下など乾ききることない所へ植えてやると活着するのだが・・・。
# by gda3949 | 2008-06-07 06:06 | 蘭 らん 蘭  | Trackback

ニホンマムシ

d0008257_564486.jpg


d0008257_572212.jpg


d0008257_574342.jpg

ニホンマムシ  クサリヘビ科  マムシ属

今年の第一号のマムシだ 撮影日は5月18日 場所は島根県の表匹見 時間は昼過ぎ
アスファルト上で体を温めていた 車に轢かれるとかわいそうなので撮影後すぐに移動していただいた


咬傷と処置
咬傷による死亡率は高くない。年間約3,000人が被害を受け、死者は10名程度とされる(日本で最も多くの被害を出しているヘビである)。 これは毒の注入に失敗したり小型であるため毒量が少ないことや、神経毒が少ないためである。しかし、毒性はハブより強いとも言われるので、充分な注意が必要である。咬まれた時間や状況が説明出来るように覚えておく。 現場で可能な処置は、咬傷部より心臓側で軽く緊縛。安静にする。身体を激しく動かすと体液の循環が促進され、毒のまわりが早くなる。 口で毒を吸い出すと言われているが、『素人による切開・毒素の吸引は行わない』こと。 速やかに処置可能な医療機関でマムシ抗毒素血清投与などの治療を受ける。6時間以内の血清投与が推奨されており、少なくとも24時間は経過観察が必要。血清投与に際しては、アナフィラキシー・ショックに十分注意し投与する。 ~ニホンマムシ ウィキペディアより

症状
20~30分後、激しい疼痛、出血、腫脹。1~2時間後、皮下出血、水泡形成、リンパ節の主張と圧痛。発熱、めまい、意識混濁など。
重症な場合、体液減少性ショック、血圧低下、眼筋麻痺による霧視・複視・視力低下。腫脹部に筋壊死を生じることもある。
3~9日後、急性腎不全による乏尿、無尿、蛋白尿、血尿。
1時間以上経過しても、疼痛・腫脹がおきない場合は、毒素が注入されなかった可能性がある。 ~ニホンマムシ ウィキペディアより
# by gda3949 | 2008-06-06 05:31 | 動 虫 鳥 | Trackback

ササユリ

d0008257_575413.jpg


d0008257_58155.jpg


d0008257_583583.jpg

ササユリ  ユリ科  ユリ属

ササユリが咲き始めたようだ 
つい、この前まで春だ・春だ・・と、言っていたのに・・・ 夏は、すぐそこまで来ている

うす暗い杉林の中に咲いていた ササユリが杉林に自生してるのは初めて見た
ちょっと急な斜面をよじ登っての撮影だった。
# by gda3949 | 2008-06-02 05:36 | 花 はな 夏 | Trackback

ショウジョウバカマ

d0008257_5391410.jpg


d0008257_5393283.jpg


d0008257_5395238.jpg

ショウジョウバカマ  ユリ科  ショウジョウバカマ属

まだ咲いていた 広島県北西部の北広島町 八幡湿原で撮影日は5月18日

八幡湿原の一部だが、湿原再生計画の工事が進んでいるようだ
本来の姿がどんなだったかは知らない 私がこの現場を知ったのが20年前
その時は、もうすでに湿原状態ではなかった  元の姿に戻ることを願うばかり・・。
# by gda3949 | 2008-05-26 06:01 | 花 はな 春 | Trackback

オキナグサ

d0008257_5102879.jpg


d0008257_5105045.jpg


d0008257_511129.jpg

オキナグサ  キンポウゲ科  オキナグサ属

これは5月11日 庄原市高野町での撮影だ
今頃ちょうど白いフワフワの髭になっていることだろう・・・。
# by gda3949 | 2008-05-21 05:17 | 花 はな 春 | Trackback

イチリンソウ

d0008257_603229.jpg


d0008257_605438.jpg


d0008257_611491.jpg

イチリンソウ  キンポウゲ科  イチリンソウ属

庄原市高野町あたりで5月11日の撮影だ
寒いところは春もゆっくりだ・・  山桜がまだ咲いていた・・
# by gda3949 | 2008-05-16 06:21 | 花 はな 春 | Trackback

ウグイスカグラ

d0008257_6264731.jpg


d0008257_6271037.jpg


d0008257_6272924.jpg

ウグイスカグラ  スイカズラ科  スイカズラ属

別名 ウグイスノキ その由来はウグイスがはじめて鳴くころ花が咲くのでウグイスノキという・・・
と、解説している古い文献があるそうだ
しかし、ウグイスカグラの語源については文献が見当たらず定説もないとか・・
が、有力な説として カグラはカクラの転訛で、カクラは「狩り座」がなまったもの
つまり、ウグイスなどの小鳥を捕らえる場所の意味・・・ なんか、ややこしい・・・。
# by gda3949 | 2008-05-06 06:55 | 樹 咲 花 | Trackback

ミツガシワ

d0008257_622514.jpg


d0008257_624790.jpg


d0008257_63512.jpg

ミツガシワ  リンドウ科  ミツガシワ属

この時期、赤名湿地に入るとまずリュウキンカが出迎えてくれる
それに混じってミツガシワがポツン ポツンとちらほら・・・
そして、もう少し進むと・・・ ミツガシワが団体さんで出迎えてくれる。
# by gda3949 | 2008-05-04 06:18 | 花 はな 春 | Trackback

リュウキンカ

d0008257_559648.jpg


d0008257_5592848.jpg


d0008257_653171.jpg

リュウキンカ  キンポウゲ科  リュウキンカ属

昨日赤名湿地に出向いてきた リュウキンカとミツガシワがいい感じ・・・
これから夏にかけて目の離せないポイントの一つだ。
# by gda3949 | 2008-05-03 06:08 | 花 はな 春 | Trackback

ヤマルリソウ

d0008257_5102395.jpg


d0008257_5104599.jpg


d0008257_511327.jpg

ヤマルリソウ  ムラサキ科  ルリソウ属

ルリソウというのもあるようで区別がよくわからない 山で撮ったのでヤマルリソウとする・・・。
昨年、この種の白花を撮った(アップしてないけど) 今年、うまく撮れたらアップすることにする。
# by gda3949 | 2008-04-25 05:20 | 花 はな 春 | Trackback

サツマイナモリ

d0008257_57296.jpg


d0008257_58026.jpg


d0008257_582146.jpg

サツマイナモリ  アカネ科  サツマイナモリ属

いつものサツマイナモリは、近くのダム湖の光の当たらない場所で撮影するのだが
今回のは、少々意外な場所で発見し撮影した
思いがけず光が当たる時間帯に遭遇したようでラッキーだった (^-^)
# by gda3949 | 2008-04-24 05:32 | 花 はな 春 | Trackback

ヒメウズ

d0008257_2029822.jpg


d0008257_20293383.jpg


d0008257_20295155.jpg

ヒメウズ  キンポウゲ科  オダマキ属

午後から時間がとれましたので裏山に出かけて来た
シュンラン ヤマツツジ カラスノエンドウ・・・ などなど・・咲いていた
クサイチゴもつぼみが膨らんできている

別の意味で、また忙しくなりそうだ・・・ (^-^)
# by gda3949 | 2008-04-06 20:47 | 花 はな 春 | Trackback

雪山

d0008257_530175.jpg


d0008257_5303720.jpg

十年以上風邪をひかなかったのだが昨年あたりからそれも続かなくなってきた
でも、まだ幸いなことに栄養剤と風邪薬と一日の安静で回復した(まだ若い・・??)
しかし・・・ もう、加齢には勝てない

上の画像の一部分を望遠で撮ってみた(下の画像)
# by gda3949 | 2008-02-01 05:49 | Trackback

足跡

d0008257_5361579.jpg


d0008257_5363377.jpg


d0008257_536517.jpg

これは、うさぎの足跡だ
どういう状態か分かるだろうか・・・??
一枚目の画像で説明すると右側の二個揃っているのが後ろ足の足跡
左側二個のちょっと横に間の空いてるのが前足の足跡だ
止まっている状態ではなく、動いている状態(前進)の時にできた足跡。
# by gda3949 | 2008-01-18 05:54 | Trackback

d0008257_5321664.jpg


d0008257_5323733.jpg


d0008257_533188.jpg

久しぶりに・・・ ほんとに久しぶりに山に出かけてみた
しかし、この季節・・ 撮るものがない・・・ 昼前には家に帰った・・・(>_<)
とは言え少しは撮った・・・・

面白い模様で凍っていた
水たまりに小石を落として、できた波紋がそのまま凍った・・・
そんな感じに見えないだろうか・・??
# by gda3949 | 2008-01-15 05:57 | Trackback