ヤマシャクヤク (山芍薬)

d0008257_612725.jpg

d0008257_613792.jpg

d0008257_614472.jpg

近場のヤマシャクヤクは撮り逃がしたが芸北のヤマシャクヤクは捕まえた。
陽が陰る夕方を狙って撮りに行ってきた。 陽が強いと色が飛ぶ・・ 影が出る・・ 結果、絵にならない・・。
一枚目くらいの開き具合がこの花はよく似合う。  二枚目くらいになると色気がなくなる。
三枚目、こんな感じでこの斜面全域に自生している。  数えてはいないが100本近くはありそうだ
こんな自生地も珍しい。  これだけあると希少価値を感じなくなってしまう・・・。
by gda3949 | 2012-05-13 06:30 | 花 はな 春 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://genzi.exblog.jp/tb/15858272
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by fu-koyo at 2012-05-13 07:57
おはようございます。
ワア~~~凄いですね!
遠い昔?まだ匹見に行き始めの頃杉林でこんな光景をみました。
これほど多くはなかったけれど感動したことを思い出しております。
その杉林も伐採され、もちろんヤマシャクヤクも今は見ません。
もう一度こんな所に行き合わせたいと願っております。
いつも話は昔はここに沢山咲いてたね・・・です。寂しいです。
Commented by krsmag at 2012-05-14 17:07
ほんとうに大きな自生地ですねぇ。
植栽のものしか出会ったことがないのです、自然のたくましさに出会いたいものです。
ヤマシャクヤクの熟女は色気がとぶのですね、メモメモ・・。
Commented by gda3949 at 2012-05-14 19:40
koyoさん こんばんは
ここは、すごいですよ~  ヤマシャクヤクが珍しい花ではなくなります
それくらいの数が群生してます  そして、ますます増えています
Commented by gda3949 at 2012-05-14 19:42
magさん こんばんは
そうなんですよ~  いっぱい いっぱい いーっぱいあるんです
また機会があればご案内いたします。
<< ニワゼキショウ (庭石菖) シュンラン >>